鬱は症状が見えにくい病ですが、確実に心は悲鳴をあげています

そうならないために

鬱の具体的な症状とは

憂鬱な気分になってしまうことは、人間誰にでもあることです。一喜一憂しながら日々を過ごすのが、通常ですが、鬱とは気持ちがずっと落ち込む状態が続くことを指します。 具体的には、思考の低下、意欲の低下や食欲不良なので、何に対してもやる気が出ない症状が2週間以上続くと鬱と診断されることが多く見受けられます。 鬱と診断された場合、無理は禁物です。例えば仕事がタイトな場合なるべく精神的な負担が少ない業務に就く、また治療が長引く場合一旦仕事を辞めて別の道を模索するのも重要な決断です。鬱症状の時は、思考が低下するので信頼できる人に相談しながら今後のことを考えることが大切です。 近くに相談する人がいない場合、医療機関でもカウンセラーを行っているので利用することも可能です。

好きなことを楽しんで発散する

鬱は、一度罹患してすぐに症状が改善する人もいますが、多くの患者の場合、再び環境が変わることで再発することもあります。ストレスが多い現在では、ある意味防ぐことは非常に難しく、誰しもがかかる可能性がある症状と言っても過言ではありません。そのため、ストレスを無くすより、発散する場所を見つけることが重要です。 落ち込む等の症状が現れた時、親しい友人や気心しれた仲間と食事に行ったり、好きな物を買ったり、映画を見たり気分転換が一番効果的です。体を動かすことが好きな人は、スポーツを始めても良いです。ただし、あくまでも好きなことをやるのが一番で、あまりスポーツが好きで無い人は、無理に体を動かすことはありません。