鬱は症状が見えにくい病ですが、確実に心は悲鳴をあげています

発症するまえに

欝は突然やってきます

鬱病は突然やってきますので気をつけましょう。 これは普通に日常生活を送っていても、気が付いたら自分が鬱病になってしまっていたという場合があるので気をつけましょう。 とはいっても何らかの原因として思い当たるものが大概は存在するので、自身を鬱病まで追い込んだ原因は実際に、発症してしまった後なら思い返して特定することが可能な場合が多いです。 人間関係が原因になって鬱病を発症してしまったという人も少なくはないのではないでしょうか。 そして人間にとって生まれて初めて生じる人間関係とは家族との人間関係です。 人間関係の中でも切っても切れない関係といえますが、もし家庭環境が歪だった場合はそれが鬱病発症の温床になることがあるので要注意です。

鬱の症状は自傷を含む自虐行為が多いです

何かが引き金になってしまい実際に鬱病を発症してしまった場合はその症状に悩まされることになります。 例えば自分自身を自虐する自己嫌悪、そして定期的に襲ってくる自死願望です。 さらに心に刺さってしまった言葉を引きずることが多く、一度心に傷を受けてしまった場合はなかなか吹っ切れることができない場合が多いようです。 そして感情の起伏も激しくなるため付き合い辛いと感じてしまう場合も多いでしょう。 そういった症状の他にも睡眠不足を発症することがありますので、鬱病を発症してしまった人が家族にいる場合は戸惑ってしまう場合があります。 そして用心しなければならないのは薬を服用している場合は、一度に大量に服用してしまう可能性があるので気をつけましょう。 鬱病の精神的な症状は、ときには肉体に直接ダメージを与える自傷癖といった症状を併発することがあるので注意が必要です。