鬱は症状が見えにくい病ですが、確実に心は悲鳴をあげています

具体的な症状

鬱の症状とは/体験談

鬱病の症状と一口にいっても、個人によって程度がかわってきます。 しかし、ある一定の共通点を見出すことができます。 症状として挙げられる鬱の症状は、 ・気分が塞ぐ(抑鬱状態) ・食欲がなくなる ・眠れなくなる ・気力がなくなる ・自傷行動 ・感情のコントロールができなくなる ・自殺を考えるようになる 以上です。 食欲の減退、不眠、無気力状態はまだ可愛いもので、 特に抑鬱が厄介であり、これにより自殺にいたる可能性が出てきます。 心身ともにボロボロになってしまう、それが欝病という病気なのです。 そして、鬱病は本人には自覚がありません。 周囲の人間が一刻も早く初期症状に気付いてあげて、 医療機関に連れて行ってあげることが大切です。

患者への対策とは その詳細

まず鬱であること、その症状を自覚させてあげることが大切です。 そして何よりも鬱病で苦しんでいる人の行動を理解してあげることです。 感情のコントロールができませんから、周囲が対処できかねない言動が見られるようになります。 わけもなく興奮して攻撃的になったりすることもあります。 と思えば唐突に落ち込んで泣き出したり、自殺をほのめかすような発言をしたり、自傷行為に及んだりします。 本人ですらもてあましているのに、周りの人間に分かるはずもありません。 鬱病が伝染するかのように他人に悪影響を及ぼすことすらあります。 私もまた一人の友人を欝にしてしまいました。 気分転換に、と強引に外へ連れ出したりすることも時には有効ですが、たいていの場合は逆効果となることが多いです。 「死にたい」といってもそこまでの気力すら残っていないため、我慢強く耳を傾け、同情してあげてください。 ストレスの源から遠ざけ、たっぷりと自由な時間をとることができれば 自然と元の性格を取り戻し、通常の生活を営むことができるようになります。 とても根気のいることですが、鬱は不治の病ではありません。

基本的な治療内容について

鬱には、実に様々な症状が見受けられます。しっかりと睡眠をとっているにも関わらず、心身の疲れが取りきれない状態が長く続くことがあります。また、脳内に疲れが蓄積され続ける場合もあるようです。鬱には、さまざまな症状がありますから、中には自分が鬱であることに気づかぬままに、生活を送っている人も存在します。 鬱の治療は基本的には、投薬によって実施されますが、中には認知療法などの実施によって回復が見受けられる場合も存在しているようです。 薬に頼ることを拒む人も数多く存在しているようですが、放置しているよりは断然マシなわけですから、生活習慣などの改善と同時進行で、投薬治療を続けることが最も建設的で、現実的かと思われます。

無料のサポートを利用しよう

鬱の症状は様々なわけですから、当然、治療にかかるお金も異なってきます。軽い症状の場合には、問診と軽い投薬治療に加え、生活習慣の改善などによって回復の兆しが見受けられる場合が存在します。けれども、重度の場合には、脳のCTスキャンをとるなどして、脳内に直接働きかける治療法などを行う事例が存在します。 ですから、治療前に、何らかの支援や補助金などの存在についての知識を得ておくことが、非常に重要であると言うことが可能です。 支援や補助金のサポート体制を利用する方法を知りたい場合、周囲の人間に相談することは一つの手です。それ以外の手段として、公的な施設や団体に設けられている相談機構や、職場内のメンタルサポートなどを利用が挙げられます。それらのサポート体制は、無料で実施されていることが殆どです。